中期経営計画作成その他、税金に関すること

税理士です。経営計画を川口市、さいたま市、東京近郊でつくってます。

ドラッカー名言

いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。

  「ドラッカーって役に立ちますかね?」と経営者のかたに聞かれることがあります。   ドラッカーには、素人ですが、少しだけお付き合いください。  

 

ドラッカーについて」  

 

ピーター・ドラッカーは、マネジメントの父ともよばれ、多くの経営者や税理士に大   きな影響を与えています。1909年にウィーンで生まれ、アメリカで大学教授を務め、   2005年に死去しました。著書「マネジメント」は、日本では、「もし高校野球の女子   マネージャーがドラッカーの「マネジメント」と読んだら」という小説の影響で、多   くの人の知るところとなりました。私がドラッカーに興味を持つようになったのも、   この小説の影響です。ドラッカーは、多くの名言を残しています。そのなかでも、特   に心に刺さるのは、「経営管理の96%は、ルーティン的な定例反復業務であることを   忘れてはならない。」という言葉です。あくまで名言なので、ドラッカーがどんな文   脈でこうしたことを語っていたかということは、いったん棚上げします。名言の多く   は、聞き手にとって都合のよい解釈しかされないものなので、この発言が出た詳細な   経緯等は、いったん保留しますが、この「経営管理の96%は、ルーティン的な定例反   復業務であることを忘れてはならない。」と同様の趣旨のことをMAS監査先の社長さ   んがおっしゃっていたので、驚きました。    

 

「特別なことは何もやっていませんよ。」  

 

その方がいうのは、「特別なことは何もやっていませんよ。」ということでした。   MAS監査とは、ManagementAdvisoryServiceの頭文字のM   ASをとったものですが、これも特別なことではありません。経営計画書のモニタリ   ングです。このモニタリングの最中に、経営計画と実績のずれの対策について、掘り   下げた質問をしていたところ、「特別なことは何もやっていませんよ。」と言われま   した。社長が立てた経営計画と社員の個人目標をすり合わせ、毎月、反省と改善を繰   り返すだけですから、特別なことは何もないわけです。まさにドラッカーの言うよう   に、「経営管理の96%は、ルーティン的な定例反復業務であることを忘れてはならな   い。」ということになります。ある会社では、経営理念として、ABCを掲げている   そうです。その意味はA(あたりまえのことを)B(馬鹿みたいに)C(ちゃんとや   る)です。経営計画書に書かれていることは、特別なことではありません。あくま   で、いつも通りきちんとやっていれば、達成可能なことばかりです。MAS監査で   は、そんな当たり前のことがきちんと行われているのかを、普通の会計事務所の職員   がチェックします。そのため、人並外れた能力を持つ経営コンサルタントが派手なプ   ロモーションをする場合に比べたらコストも格安となります。   当たり前のことを当たり前にできる会社は、もしかしたらドラッカーも理想としてい   たのかもしれません。MAS監査のご相談はいつでも受け付けています