中期経営計画作成その他、税金に関すること

税理士です。経営計画を川口市、さいたま市、東京近郊でつくってます。

経営力向上計画とは

いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。  

事業計画書作成で、優遇税制や金融支援等が受けられる

  経営力向上計画の存在をご存じでしょうか?  

中小企業・小規模事業者等は、業種の特性を踏まえつつ、

  顧客データの分析を通じた商品・サービスの見直し、

  ITを活用した財務管理の高度化、人材育成、設備投資等により、

  経営力を向上して実施する事業計画について、国の認定が得られます。

  経営力向上計画のメリットは、以下の4つです。  

 

①固定資産税が3年間半分になります。

 

  一部地域や業種は限定されるものの、   機械装置、工具、器具備品、建物付属設備を取得すると、   固定資産税が3年間にわたって半分に軽減されます。

 

  ②即時償却・税額控除の適用

 

  経営力向上計画に基づき、一定の設備を取得し、指定事業として導入した場合、   即時償却・税額控除が受けられます。   即時償却とは、取得した設備がその年度に100%経費になるとうことです。   固定資産税の特例と併用することができます。  

 

③日本政策金融公庫による低利融資

 

  新事業活動促進資金を受けることで、政策公庫が掲げる   基準金利-0.9%の設備投資の融資を受けることができます。   ただし、融資を受けられない場合もあるのでご注意ください。  

 

④各種補助金の加点・優先選択  

 

ものづくり補助金、IT導入補助金、事業承継補助金など、   審査時に加点を受けることができます。

 

  この経営力向上計画にあたり、アンケートのサンプルを用意しました。  

貴社の資本金はいくらですか?  

決算月は?  

直近末の売上は?

  従業員数は?  

事業内容は?  

貴社が今後5年間で取り組んでいきたい事項は何ですか?

  ・人材の強化

  ・設備、ITの導入  

・費用管理の徹底

 

  経営力向上計画も経営計画書も同じようなものです。   ただ、いざ節税や低利融資を受けようとする場合、   サイドバーのテンプレートなどを活用し、   日ごろから自社でエクセルの計画書を作っていたりすると、   計画の精度があがり、補助金の採択率も上がります。   実際、ひごろ、エクセルのテンプレートをもとに経営計画書を   つくっているかたは、下記のHPの「成功事例」に掲載されています。   ぜひ、のぞいてみてください。

 

成功事例のご紹介 - 加藤忠男税理士事務所(蕨市・川口市・戸田市)