中期経営計画作成その他、税金に関すること

税理士です。経営計画を川口市、さいたま市、東京近郊でつくってます。

自社のCF:キャッシュフロー計算書⑥

これまでみてきたキャッシュフロー計算書の概要も今回で最後です。

これまでの記事を読んできたかたは、結局このキャッシュフロー計算書で わかるのは、資金の流れしかないのかと思っているかもしれません。

しかし、お金の流れだけではなく、 会社が絶好調か、普通か、危険かもある程度、わかります。

それは、血液の流れから体調の良し悪しが決まるようなものです。 試しにキャッシュフロー計算書のサンプルを用意しました。 このサンプルのうち、自社の営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、 財務キャッシュフローのそれぞれがプラスか、マイナスかを選択してください。 これまでのシリーズのキャッシュフロー計算書のテンプレートや、 決算書の分析について書かれた本、または、会計事務所等につくってもらった キャッシュフロー計算書その他の財務諸表をもとに、一度、それぞれ プラスかマイナスかを埋めてみてください。

 

自社のキャッシュフロー計算書サンプル

 

f:id:akasatakun:20170714190515p:plain

 

埋まりましたでしょうか?

絶好調の会社のキャッシュフロー計算書は、こうなります。

絶好調のサンプル

 

f:id:akasatakun:20170714190557p:plain

 

 

営業キャッシュフローがプラスということは、本業でうまくいっていることを意味します。 これに対し、投資キャッシュフローがマイナスということは、設備投資が積極的に 行われていることなどを意味し、絶好調を裏付けます。さらに財務キャッシュフローも マイナスだと、借入金の返済もどんどん行われ、資金繰りが楽になっていること等が想定 されます。

 

次に普通の会社のキャッシュフロー計算書は、以下のようになります。

普通のサンプル

 

f:id:akasatakun:20170714190641p:plain

 

営業キャッシュフローがプラスという点は、絶好調かもしれませんが、 財務キャッシュフローがプラスということは、借入による資金の増加が考えられます。 本業はうまくいっているものの、投資キャッシュフローがマイナスであることから、 設備投資のために借入をしている可能性があり、投資資金の回収は、これからの営業活動 にかかっていることが推測されます。これからが勝負、といったキャッシュフローです。

 

 

最後に危険な会社のキャッシュフロー計算書は、以下のようになります。

危険のサンプル

 

f:id:akasatakun:20170714190724p:plain

 

営業キャッシュフローがマイナスの場合、人件費の払い過ぎの可能性も検討すべきです。 慢性的な資金不足のため、財務キャッシュフローがプラスとなり、それだけでは、 手の施しようがないことから、固定資産を売却したり、保険を取り崩したりして、 投資キャッシュフローまでもプラスになっています。

 

「おわりに」

 

以上、全六回にわたり、エクセルで作った様々なテンプレートや財務諸表のサンプルを見て きました。 この六回のシリーズは、資金繰りが苦しいがどこからどう手を打ったらいいかわからない 事業者のかたが、資金繰りの構造を分析し、どこがまずかを自覚してもらうことを狙いと していますので、なるべく手を動かしてもらうことを意識し、問題形式を取り入れました。 単にキャッシュフロー計算書の読み方を解説するものではなく、自社の資金繰りの問題点 を整理し、改善に向けて前進してほしいと考えたためです。

デカルトの「方法序説」のなかに好きな文章があります。

「どこかの森に迷い込んだ旅人たちは、あちらへ向かったり、こちらへ向かったりして 迷い歩くべきではなく、いわんやまた一つの場所にとどまっているべきでもなく、 つねに同じ方向に、できる限りまっすぐに歩むべきである。(略)というのは、旅人たちは 彼らの望むちょうとその場所に行けなくても、少なくとも最後にはどこかにたどり着き、 それはおそらくは森の真ん中よりもよい場所であろうからである。」

資金繰りも改善に向けて、努力をし、まっすぐに歩んでいけば、2億の借金も15年で 完済した方もいます。ゆっくりでも確実に前に進んでゆけば、進歩があることをデカルトも 言いたかったと思います。これらのサンプルが、これから前進しようとするかたの資金繰り の流れを解明する手助けになれば幸いです。