中期経営計画作成その他、税金に関すること

税理士です。経営計画を川口市、さいたま市、東京近郊でつくってます。

大根レシピ煮物と経営者

いつもブログを読んでくださり誠にありがとうございます。

連日、経営計画書のことを書いていますが、今回は趣向を変えてみました。

昨日、夕飯に大根の煮物を作っていて思ったことですが、

経営者と大根の煮物は、よく似ているなと。

大根の煮物は、他の素材の味を吸収し、

自らの味を出す点 社員の個性を活かし、

自社の経営を進める経営者とよく似ています。

 

f:id:akasatakun:20170716061902j:plain

 

連日、ブログで経営計画書のサンプルや テンプレートをつけていますが、

経営計画書も料理のレシピのようなものです。

毎月、その料理のレシピ通り、

実績がついてきているかどうかを チェックするというものです。

さまざまなテンプレートは、 レシピの内容を盛り立てるものですが、

大根の煮物を作っていて思うのは、 テンプレートやレシピを使う前に、

いかに周囲の人間の個性を生かすかを考えることの大切さです。

ちなみに昨日、作った大根の煮物の作り方です。

① びんちょうマグロと玉ねぎ、大根をぶつ切りにする。

② めんつゆを薄め、一緒に弱火で1時間半煮込む

ある一定の時間がたつと、大根には、めんつゆの色がにじみ出てきます。

これは、中小企業の経営者も同じです。 10年以上、事業経営をされ、社員と同じ鍋(会社)で煮転がっていると、 その会社独自の色が出てきます。

ある会社では、社長のワンマンさが色濃くでてきますし、 ある会社では、それぞれの部門のリーダーが活躍し、 組織としての色が強くなってきます。

こうゆうのを社風というのかもしれませんが、 周囲の素材(社員)を育ててゆくうちに、 経営者自身がその素材の味を吸収し、様々な色に染まってゆく点、 大根の煮物とよく似ていると思わざるをえません。

所属事務所には、クレドカードというものがあります。 鍋のなかに個性の強い素材ばかり集まると、 全体として味の調和を欠いてしまうためか、 価値観の調和をはかるためにつくられたものです。 そこには、次のように書かれています。

「成長」

私たちはメンバーが成長する為のチャレンジが推奨される職場環境を構築し、 維持します。

「共有化」

私たちはチームワークを意識し、協力し合うことで情報の共有化を図り、 メンバーのレベルアップに繋げます。

「人財」

私たちはメンバー全員を「人財」と考えます。 全員がより良い人生を送る努力をします。

このように、個性的な素材をどう調和させるかという点、 クレドカードは、経営の調味料といってよいかもしれません。 こうした調味料で、メンバーの価値観を統一しつつ、 メンバーの味を吸収できるのが、いい味を出せる経営者かと思います。 経営計画書というと、 エクセルで表現された数字の羅列を思い浮かべるかもしれませんが、 大根の煮物にも、教えられるところがあります。 昨日は、美味しくいただきました。