中期経営計画作成その他、税金に関すること

税理士です。経営計画を川口市、さいたま市、東京近郊でつくってます。

中期経営計画書作成だけで倒産防げます。

「経営計画書が倒産を救う?」

いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。経営計画書とは、倒産を救うものです。2年前に中期経営計画書を作成したかたのなかには、そのままほうっておいたら、3年後に資金が枯渇し、倒産していた状況を回避したかたもいます。中期経営計画書を作成してから、3年目に入るところですが、計画を作成したことで、ゆとりが生まれ、前向きに経営ができています。  

 

「経営計画書はキャッシュフローが胆です。」

経営計画書を手っ取り早く作成するには、「経営計画つくるくん」というアプリがおすすめです。 無料でダウンロードして、以下の手順で30分で作成できます。

 

f:id:akasatakun:20170715054646j:plain

このアプリを使ってできた経営計画書のサンプルは以下の通りです。

f:id:akasatakun:20170715055429p:plain

本来の経営計画書はきちんと表紙もつけ、ちょっとした本みたいな感じになりますが、仕方ないですね。     社長さんのなかには、経営計画書の作り方を本で学び、様々な雛形やエクセルのテンプレートで経営計画書を作る方もいます。非製造業であれば、エクセルのテンプレート①を、製造業であれば、エクセルのテンプレート②を使い、計画と実績の数値を毎月埋めてゆけば、一応は、自分で経営計画書の管理ができます。  

①非製造業のエクセルのテンプレートです。  

②製造業のエクセルのテンプレートです。  

しかし、こうしたアプリやエクセルのテンプレートでは、損益の予実の対比は出来ても、キャッシュフローの予測までできないため、利益が出てもお金が残らず、3年後は倒産・・・という事態になることもあります。会計事務所と共同で、中期経営計画書を作成すると、キャッシュフローの予測が専用ソフトにより、複数のパターンにシュミレーションできます。そのため、利益は出ていてもお金が残らないで悩んでいる社長さんの場合、時間をかけずにその場で、いろんなパターンの検討ができるのが強味です。倒産を防止できたのは、こうした経営計画ソフトによる将来キャッシュフローの予測機能をもとに綿密な中期経営計画書を作成したからです。 また、会計事務所と共同で中期経営計画書を作成する場合、エクセルのテンプレートで前年の売上を参考に直感的に今後の数字の動きを決めている場合に比べ、目の前のキャッシュフローの推移をもとに数字を決められるため、リアルな経営計画書を作成することも可能です。    

「まずは未来診断」

経営計画書の指導においては、㈱武蔵野が有名で、経営計画書とスケジュール帳をあわせた手帳もつくっています。そこまで徹底すると、立派だと思いますが、まずは、会計事務所にこうした資金繰りのシュミレーション(未来診断といいます。)を頼んでみるといいと思います。思いがけない発見があるかもしれません。   未来診断はこちらから